ブログ

  1. 産業廃棄物の深刻な問題ついて

    産業廃棄物というのは、家庭ごみと違い、排出者自身に処理責任がかかってくるものです。さて、産業廃棄物というのは法律的にはどう定義されているのでしょうか?○事業活動に伴つて生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物となっています。

  2. 解体工事する前に愛知リサイクルジャパンに

    近年、解体工事を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。数十年前に大量に利用されていたアスベストが問題とされるようになって、解体するときにアスベストが巻き散らないように配慮する必要が出てきました。アスベストを吸い込むと数十年後には中皮腫というガンになる可能性があるからです。

  3. 要らなくなったブランド物をリサイクルショップへ!

    女性の大好きな物、ブランド物は買う時はときめいても、またすぐ新しいものが出たら、そっちが欲しくなるのが常です。新作が次々と出る中、欲しいと思っても、なかなかお金が付いて行きません。

  4. 複数の業者に見積もりをもらうとリサイクルの相場が分かります

    できれば1つのものを長く大切に使うことが理想的です。そのように心がけていても、必要性が変わって買い換えたり引越しのために大きな不要物が出てしまうことがあります。たとえば家具、家電、電動工具、厨房機器などです。

  5. 会社の引っ越しにもリサイクル

    事務所や会社の人数が増えたり、活動拠点が変わったりなど、様々な理由で引っ越しを考えている場合、コピー機やプリンタ、シュレッターなどの事務機器やデスクやキャビネット、デスクなどのオフィス家具も最近のリサイクルショップでは買取を行っているところがあります。

* * * * * * *

ページ上部へ戻る