ブログ

複数の業者に見積もりをもらうとリサイクルの相場が分かります

できれば1つのものを長く大切に使うことが理想的です。
そのように心がけていても、必要性が変わって買い換えたり引越しのために大きな不要物が出てしまうことがあります。
たとえば家具、家電、電動工具、厨房機器などです。
法律によりリサイクル料金が必要な物以外でも、地域によって処分費用が必要になることがあります。
テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など家電リサイクル法の対象品目はリサイクル料が必要になります。

リサイクル家電法についてこちらをご確認ください。
まだ使えるものは捨ててしまうのはもったいないし、買い取ってもらいお金がもらえるのであればありがたいです。
故障しているものでも部品が使える場合は買取可能であったり、処分費用が無料になることもあります。
不要な物がいくらで買い取ってもらえるのか又は処分費用がいくらかかるのかは業者によって違います。
複数の業者に問い合わせすると相場をつかむことができます。
インターネットを使って業者を検索して比べられ対象品目や会社概要をホームページでチェックしたり、メールでやりとりができるところが便利です。
まずホームページなどで買取品目を確認します。
種類だけではなく、使用頻度や故障の有無などの状態も確認します。
品目により取り扱い可能な状態が異なっています。
分からない場合はメールや電話で問い合わせをします。
大きさを計測したり、デジタルカメラで撮影した写真があると分かりやすいです。
次に対応できる地域がどこかを確認します。
宅配買取をしていればほぼ全国に対応しています。
宅配買取については送料は誰が負担するのかなどを確認します。
発送した物を返却となるときの送料は誰が負担するのかということも確認しておいたほうが安心です。
出張買取は近隣の都道府県に限っている業者も多いですが、広く対応しているところもあります。
該当しそうであれば見積もりフォームから見積もりをもらい、詳細の情報や物の受け渡し方法の打ち合わせをメール又は電話でやりとりします。
見積もりのときには商品情報と使用状態は詳しく伝えるようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る